2015年7月25日土曜日

アンジェリーナ・ジョリー、息子とカンボジアが舞台の映画を製作へ






こんにちは、アンナです。
アンジェリーナ・ジョリーが、息子のマドックス君(13歳カンボジアで生まれてアンジェリーナに養子として引き取られた)もこの映画のプロダクションに関わることになっている。と一緒に、カンボジアが舞台の映画を製作するそうです。
 

作品のベースになるのはルオン・ウンの著書「First They Killed My Father:A Daughter of Cambodia Remembers」《最初に父が殺された─飢餓と虐殺の恐怖を越えて》で、1975年のクメール・ルージュ支配下で子ども兵となった自身の体験がつづられています。

この本は虐殺や強制労働で多くの命が奪われたポル・ポト政権時代を生き抜いたラウンの話で、アンジェリーナは声明文で「私はラウンの本に深く影響を受けました」「子供たちがどのように戦争の経験をし、その感情的な記憶でどんな影響を受けるかを永遠に深く理解することになりました。この本が私の息子の母国であるカンボジアの人々に近づくことを手助けしてくれました」とコメントました。


2016年に公開予定だそうです

参照:A・ジョリー、カンボジア少女の戦争体験記を映画化へ


楽しみですね♪



2015年7月23日木曜日

日本とカンボジアの違い






こんにちは、アンナです。
この時期になると、初対面の方には「プノンペンと東京はどちらが暑い?」という質問を毎回頂くので、取り上げてみようと思います。

私の答えは「東京」です。東京の夏は湿度が高いように感じるのに対し、プノンペンの方が常に風が吹いていて、日陰に入れば涼しいのです。

とはいえ、カンボジアは5月頃から12月頃までは雨季ですから湿度は高めの時期です。日本の梅雨とは違い、スコールがあるので一日中シトシトと雨が降っている訳ではありません。スコール時には強風や落雷がある事もあり、基本的には短い時間ではありますが「スコールだからバイクで会社に戻れない」なんて事もあります。

そしてこの時期、毎週のように日本に来る台風。これもカンボジアにはありません。プノンペンには基本的に台風、地震、洪水がないのも魅力の一つです。

気候以外はどうでしょうか。
私の会社は、日本にはオフィスがありませんので、カフェでお仕事をすることも多いです。最近は電源が使えなくなっているカフェも増えた(?)、カンボジアのように電源もwifi freeのようなカフェは、混んでおりスペースも狭く、探すのに一苦労です。

先日、カフェにて見知らぬ女性が、PC、カバン、携帯を机に置きっ放しでお手洗いに行きました。私は見ていてヒヤっとしましたが、これが日本なのかもしれないなとも思いました。

お財布やカバンを無くしたら戻ってくる国は日本だけ。カンボジア人の友人が日本に行った際、40万円入ったカバンを電車に忘れたけど、戻ってきて感動した、日本は amazing だよ!!! と言っていました。
夜に、女性が1人で歩けるのも、仮に酔っ払って電車で酔いつぶれても何も取られない国は、私の知る限りは日本とシンガポールくらいでしょうか。

普段の生活において、日本とカンボジアの違いを良く聞かれますが、私は安心感(気が抜けるという意味)が違うといつも答えます

一方で、若い人がいないな〜日本は。。。

写真はカンボジアの海です

2015年7月9日木曜日

カンボジアのフン・セン首相が訪日



こんにちは、アンナです。

7月4日、安倍晋三内閣総理大臣は、第7回日本・メコン地域諸国首脳会議に参加するためにフン・セン・カンボジア王国首相と会談しました。


写真:外務省HPより
写真:外務省HPより
安倍総理大臣は、「日本は質の高いインフラ・パートナーシップ」の下、今後もカンボジアのインフラ整備及び地域の連結性強化を支援していく。また近年のカンボジアへの進出日系企業の増大を更に進展させるために、投資環境整備に向けた一層の取組を期待すると述べました。更に、「質の高いインフラ」を重視し、高速道路・都市交通の整備を含め、しっかりと協力していきたいと述べました。

フン・セン首相からは、今年4月に日本日本のODAにより開通した「つばさ橋」は、カンボジアのみならず地域全体の連結性強化に資する重要な橋であり、日本政府・国民に感謝すると述べました。また、近年の日本企業の投資増加を高く評価し、電力料金の引き下げなど投資環境整備に向け取り組んでいきたいと述べました。
参照:外務省のサイト


カンボジアは、私が移住してから3年で大きく変化しています。これから5年後、10年後はどうなっているのでしょうか。今でさえ現地で生活をしていて、お水や道路などを整えてくれた日本の支援に頭があがりません。

では




2015年7月6日月曜日

弊社に関するブログ記事等に関して

皆様、こんにちは
近時、カンボジア在住者のブログ等で弊社に関する記載がございましたので、これを受けまして本日はその内容に関してコメントさせて頂きます。

まず弊社が取り扱っている不動産開発プロジェクト「THE BAY」に関してですが、弊社の販売資料にて同エリアに「新しい橋が架かる」「モノレールの開通計画がある」旨を記載・説明しておりました。弊社は仲介会社として、当該プロジェクトの開発会社から提供された資料を元に当該部分の和訳したものを弊社の営業資料として使用しており、橋に関する計画は当地の経済新聞「プノンペンポスト」の記事でも紹介されております。
そして、開発会社の法務担当並びに法律の専門家に確認した所、このこと自体は、カンボジア国内物件の営業活動において違法ではない旨のコメントを頂いております。

プノンペンポスト 2014/8/9付記事
Third bridge to connect city with booming peninsula
開発会社ホームページ(当該説明部分)

しかし弊社としては、日本人の個人投資家への販売を主に行っているところ、販売活動に関する日本の法令も尊重する観点から日本基準での販売指針を検討した結果、時期などが未確定でもあり、弊社はこれらの部分を修正、削除した内容で今後は営業活動致します。

次に弊社では、これまで日本の大手旅行代理店と提携したツアー以外にも弊社ホームページにて不動産及び経済状況の視察ツアーとしてその内容、日程を告知しておりました。本件に関しては、投資コンサルティングの付帯業務と理解しておりましたが、専門家と協議した結果、ツアーに関しては即時中止し、今後のツアーは、提携旅行社を通じて手配することに致しました。

また不動産視察時に併せて現地銀行における口座開設を希望されるお客様も多く、希望者に対する現地銀行への移動や宿泊手配等のサポートを行っていたケースがございました。こちらも銀行口座開設の取次・斡旋等を行っていた訳ではございませんが、取次・斡旋を行っていると誤解を招く内容となっておりましたので、今後は銀行口座開設のサポートは、行わないことと致します。

誤解を招いた投資家様には、この場を借りて深謝致します。
今後、経営陣ならびスタッフ一同、カンボジアにおいても高品質の不動産サービスが提供できるように努力して参りたいと存じます。

20157月6日
AnnaCam Partners Co., Ltd.

荒木杏奈・竹口淳